医師は薬剤師と同じ業務を行えるか

医療

医師は薬剤師と同じ業務を行えるか

医薬分離が進められています。
以前は病院やクリニック内で治療も受けられましたし必要な薬ももらえました。
治療費と薬代を合わせて病院などに支払えば済みました。
今は病院では治療の身を受け、治療費のみを支払います。
薬に関しては医師が処方箋を書いてくれるので、それを調剤薬局で調剤してもらいます。
医師も薬剤師もそれぞれ資格を持った人ですが、どちらもそれなりに薬の知識があります。
薬剤師が知識を持っているのはもちろん、医師も処方をするにはそれなりに薬の知識がないといけません。
では医師は薬の処方もすることができるかです。
こちらに関しては薬剤師法に決まりがあります。
調剤業務を行えるのは原則として薬剤師のみです。
医師は処方箋の作成はできても、処方箋を元にした調剤行為はできません。
ただ例外として自分が作成した処方箋に従って調剤ができるケースがあります。
患者などがそれを希望した時には可能となっています。
通常の調剤は薬剤師に任せないといけないと言えそうです。